Warning: file_get_contents(http://live.xsrv.jp/archives/c_description.php?domain=www.apartmentsmediteran.com&page=index): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/freeasa/apartmentsmediteran.com/public_html/index.php on line 23
住宅ローン金利ランキング【借り換えにもおすすめ!固定金利と変動金利はどっちがお得?】

住宅ローン金利ランキング【借り換えにもおすすめ!固定金利と変動金利はどっちがお得?】

借り換えにもおすすめ!固定金利と変動金利はどっちがお得?

住宅ローンの変動金利と固定金利はどうちがうの?

住宅ローン金利の種類には固定金利・一定期間固定金利・変動金利の3つがあります。
この3種類の金利にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

住宅ローンを借入る前にそれらを確認しておきましょう。

【固定金利型住宅ローン】

固定金利型住宅ローンとは、返済開始たら終了まで、一定の金利が続くというものです。

固定金利のデメリットは他の金利タイプに比べて金利が少々高めとなる事ですね。

今は住宅ローンの金利が低いので、少し損をしているような気がしますが、固定金利にはメリットもあります。

申し込み後に金利が上がるといったリスクがありませんので、返済計画が立てやすく安心感が高いといった特徴があります。


【一定期間固定金利型住宅ローン】

一定機関固定金利型住宅ローンとは、返済機関中、最初の定められたられた数年間のみが一定の金利となるものです。

民間に金融機関で取り扱っている多くがこのタイプになります。

金利の固定期間が終了した時に、固定金利か変動金利にするかを選ぶ事ができます。

返済機関が比較的短い方や景気の動向などを見極めながらローンの見直しをしたいという方におすすめのタイプです。


【変動金利型住宅ローン】

変動金利型住宅ローンとは、金利が変動するタイプの住宅ローンです。

変動していく金利に従って返済額が増減する事で、返済計画が立てにくいというデメリットがありますが、低金利の設定が多いため場合によっては返済額を低く抑えることが可能です。


上記のように、それぞれの金利タイプには違ったメリット・デメリットがあります。

しっかりと検討し、ご自身の返済計画に合う金利を選ぶようにしましょう。

今は住宅ローン借り入れのチャンス

2016年に日銀がマイナス金利政策を導入してから、約1年経ちました。
マイナス金利の導入により、住宅ローンの金利も引き下がり、0.5%程度という過去最高の低金利が続いています。
さらにどんどん金利は引き下がっていくのでしょうか?

マイナス金利政策は、日銀内で全会一致で決定された訳ではなく、僅差での決定です。それは、過去にヨーロッパで実施されているマイナス金利政策があまりうまくいっていないことや、民間金融機関の利ざや縮小で日銀が銀行の経営を圧迫するというジレンマがあるからです。

従って、マイナス金利幅が現行の0.1%から多少前後することはあるかもしれませんが、マイナス金利幅が一方的に拡大されることはないでしょう。

出典 http://住宅ローン借り換えランキング.net/

上記のように、マイナス金利はあくまで一時しのぎの政策であり、ここからさらに住宅ローン金利が大きく引き下がることはなかなか難しそうです。
しかも、現在は住宅ローン減税制度によって、10年間は住宅ローン残高の1%を毎年所得税から控除できる仕組みがあります。
単純計算で住宅ローン金利が0.5%だとすると、1%-0.5%で、住宅ローン残高の0.5%ずつお金をもらったのと同じことになるわけです。
住宅ローン残高が3,000万円だとすると、毎年15万円ずつもらえるので、このチャンスを見逃す手はありませんね。

住宅ローンの借り換え

【住宅ローンの借り換えとは?】

  住宅ローンの借り換えは、今より条件の有利な住宅ローンに変更する事です。
 借り換える事により月々の返済額を減らしたり、返済総額を大幅に節約する事もできます。
 公庫から民間金融機関への借り換え・民間金融機関から別の民間金融期間への借り換えといったケースが該当します。
 民間金融機関から公庫への借り換えはできませんので注意が必要です。

【借り換えのメリット】

  ・返済総額を現状よりも少なくする事ができる。
  ・長期固定金利に借り換える事で、金利上昇リスクを回避する。
  ・返済期間を短くし、低金利に借り換える事で返済総額を現在よりも少なくする。
  ・返済期間はそのままで、低金利に借り換える事で毎月の返済額を少なくする。 など、さまざまなメリットがあります。

【借り換えのポイント】

  借り換えの目的をはっきりとさせる事が必要です。
 目的がはっきりと決まったら、自分に合った住宅ローンを選びましょう。

 [総返済額を減らしたい]
  現在の金利タイプが全期間固定の方は、全期固定で今の金利よりも低いものを選びましょう。
 変動金利・固定金利選択タイプの方は、店頭金利からの引下げ幅を確認しましょう。現在返済中のものより引下げ幅が
 大きいと、総返済額を減らす事につながります。

 [月々の返済額を抑えたい]
  現在よりも金利が低いものを探しましょう。
 この場合、やむおえず固定金利から変動金利へ借換える事もあるかと思いますが、金利上昇のリスクも大きくなります
 ので慎重に決める事をおすすめします。

 [金利の変動がないものにしたい]
  変動金利・固定金利選択型タイプを利用している方は、全期間固定金利や今よりも固定期間が長いものがおすすめ
 です。



前の記事